図書館マーケティング40   「人気者になろう」              

参考資料 日経夕刊 「個性派書店OB」

「人気者になろう」
 図書館の人気者になろう。「推理小説のことなら○さんに聞こう」とか「オススメの推理小説を○さんの書棚で探そう」。なんていうこだわり屋の司書がほしい。
 今、書店には「選書業」と言う職業が生まれている。そのほとんどは個性的な本屋として知られていた青山ブックセンターやアール・ヴィヴァンで働いていた人たちだ。青山ブックセンターで建築やデザイン書を担当していた幅充孝さんはその選書眼を見込まれて、六本木ヒルズ「YSUTAYA TOKYO ROPPONGI」、国立新美術館のミュージアムショップの書籍部門をコーディネートした。自らの仕事を「書棚を編集する」と言っている。たとえば、環境をテーマにレイチェルカーソン、宮沢賢治の童話、風の谷のナウシカと言う具合に本を並べるのに50音や著者別にとらわれない。一見関連のない本を集めることで「棚にひとつのメッセージをもたせる」というのだ。書棚編集の極意は「こだわり」である。この「こだわり」がもてはやされているのが、最近の人気書店。それは本のセレクトショップなのだ。
時代は演出家を求めている。図書館にもこんなセンスを持った司書は居るはず。企画展にもこんなメッセージを発信する手法を取り入れてみたらどうだろう。そこには是非、司書の自己PRも付けてほしい。誰が、どんな気持ちで並べた本なのか、図書館にはそれが必要だと思うのだ。本と人を馴染ませていくためには、2つの間を結ぶ暖かい気持ちがあったほうが良い。それぞれの司書に、それぞれのファンがついていくなんて素敵な関係だと思う。そこから司書と利用者の読書会が始まったりしたらもっと素敵だ。本を間にしてお互いの顔が見える、考えていることが分かる。図書館と利用者がそんな関係になったら、図書館への関心も高まるのではないだろうか。
無関心は愛の反対側にあるということです。
[PR]
by tsuji_bunbun | 2007-06-27 00:00 | mayoto study
<< 図書館マーケティング41   ... 図書館マーケティング39 「サ... >>



Mayoto Staudy の時間です。見学や研究でマヨトを具体的に考えていきましょう!
by tsuji_bunbun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
【Read me first】
【目次】
【本文】
【welovetheとしょかん】
   └--<INDEX>
【コメントはこちらから】
「真夜中の図書館」メイキング
mayoto study
以前の記事
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
メール一斉送信CGI @..
from 情報販売のインフォカート・・..
公立 学校の最新情報
from 学校へのススメ
図書館
from 写真サーバ現像室 for P..
図書館の運営、管理
from 一語で検索
フォロー中のブログ
「真夜中の図書館」
【オススメ】
「としょかん発見塾」図書館について楽しく学習する市民グループ。
「ぶっくくらぶ」糸島の図書館作りを応援する会
「新現役の会」
団塊世代を考える!
「いとぐら」いとしま地域のポータルサイト

= = [お知らせ] = =
キャンドルナイトinいとしま(6/15)のリポートはこちらから⇒≫クリック≪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧