図書館マーケティング38  「成果主義」
参考資料 日経MJ 4月3日「匠ファイル」

「成果主義」
 22年間トップセールスの秘訣は「説明しないこと」と語るのは八芳園のブライダルアドバイサーの遠藤節子さん。見学にきたカップルや親に結婚式場を案内し、契約を取るのが仕事。年平均240件の契約を成立させる。
 お客様にまず安心感を与えるために、たわいのない話で緊張感や警戒心を解くことが第一の仕事。仕事の話は聞かれるまで始めないことを鉄則としている。信頼がないと何も始まらないということだ。言えば、当たり前の事だけれど、短時間で信頼を得るのは難しいことだろうと思う。もともと緊張しやすいタイプで、人としゃべるのは下手だったが努力して自然体の自分で接客する技術を身につけた。そのくらいの努力は誰でもしているだろうが、22年間トップセールスが続いているのだから、素晴らしい人柄に違いない。時は人を育てるのだ。
 図書館の司書も経験が大事だといわれている。カウンターに立てばすぐに仕事になるようなものではない。司書で正職員と言うベテラン職は今や減るばかりで、簡単に嘱託や臨時職員が雇われる。1年や3年で契約が切れてしまうシステムはおかしいというか、もったいない。経験は誰にも譲れないという当たり前のことが、見落とされている。その原因のひとつは仕事の「成果」が見えにくいということにある。図書館や公務員は物を売っているわけではないからだ。もちろん、職場ではその力量は一目瞭然だろうが、行政の評価制度の中で上手く評価されていないのだ。「経験」と「力量」を評価する制度を作ったほうが良い。人事課で司書の「経験」と「力量」を評価する制度を作るのは無理だろう。だから、自ら図書館独自の基準を作る必要がある。「成果主義」の流れに乗って、自己管理を自主的にやることによって既成事実として評価を固めていく戦略。
 相手の土俵でばかり戦っていても埒が明かない。新しい土俵を作り出していくというのが今流なのだ。
[PR]
by tsuji_bunbun | 2007-06-16 00:00 | mayoto study
<< 図書館マーケティング39 「サ... 図書館マーケティング37  図... >>



Mayoto Staudy の時間です。見学や研究でマヨトを具体的に考えていきましょう!
by tsuji_bunbun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
【Read me first】
【目次】
【本文】
【welovetheとしょかん】
   └--<INDEX>
【コメントはこちらから】
「真夜中の図書館」メイキング
mayoto study
以前の記事
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
メール一斉送信CGI @..
from 情報販売のインフォカート・・..
公立 学校の最新情報
from 学校へのススメ
図書館
from 写真サーバ現像室 for P..
図書館の運営、管理
from 一語で検索
フォロー中のブログ
「真夜中の図書館」
【オススメ】
「としょかん発見塾」図書館について楽しく学習する市民グループ。
「ぶっくくらぶ」糸島の図書館作りを応援する会
「新現役の会」
団塊世代を考える!
「いとぐら」いとしま地域のポータルサイト

= = [お知らせ] = =
キャンドルナイトinいとしま(6/15)のリポートはこちらから⇒≫クリック≪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧