図書館マーケティング 33  「ダンボール会議」                     
参考資料 「マーケティングスキル」日経MJ 2007/3/10

「ダンボール会議」
会議といえば・・大きなダンボールを壁に立てかけ、みんながわいわいとしゃべりながら落書きをする。これがいまどきの当たり前。と言っても幼稚園のままごとではない。建築家馬場正尊さんのミーティング風景だ。
馬場さんは博報堂を経て古ビルのユニークな改装建築家として独立した人。斬新なアイデアに必要なのがソフトなオフィス環境ということで畳大のダンボールを壁に立てかけ、それぞれが自由にアイデアを出すブレーンストーミングを行う。アイデアはその場で紙に書いて、貼り付ける。巨大なノートに、これまた巨大なポストイットを貼り付ける感覚。話を進めながら、アイデアをてきぱきととグルーピングしていく。時間が来れば、そのまま壁に立てかけ、次回にまた持ち出して会議の続きを始める。人間は物事をかなりビジュアルで記憶するという性質を利用した合理的な方法らしい。電子掲示板ではなくダンボールを使うことで、隙がありゆるい感じになるのでリラックスしていいアイデアが出るという心理効果も狙っている。
最近は食事をしながらとか、畳の部屋で会議をする会社も多く、形式より結果が大事という風潮だ。進行も司会ではなく、ファシリテーター(中立な立場の会議促進者)が会議をデザインして執り行なう。会議といえば会議室でレジュメ通りにと言うパターンばかりでは革新的な斬新なアイデアを考えたり、発言したりするきっかけがない。日進月歩の世の中を見渡し、利用者のニーズにあったサービスを考えるために、まず形からやってみるのもいいではないか。ダンボール会議は童心に返ったようで楽しそうだ。
図書館で働く人たちは真面目すぎるような気がしているのは、私だけだろうか?赤ちゃんから、お年寄りまで、さまざまな利用者になりきって、それぞれの視点から図書館のことを考える。そんな会議をしてみたら、きっと新しいサービスが生まれるに違いない。
[PR]
by tsuji_bunbun | 2007-05-26 00:00 | mayoto study
<< 図書館マーケティング 34  ... 図書館マーケティング 32  ... >>



Mayoto Staudy の時間です。見学や研究でマヨトを具体的に考えていきましょう!
by tsuji_bunbun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
【Read me first】
【目次】
【本文】
【welovetheとしょかん】
   └--<INDEX>
【コメントはこちらから】
「真夜中の図書館」メイキング
mayoto study
以前の記事
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
メール一斉送信CGI @..
from 情報販売のインフォカート・・..
公立 学校の最新情報
from 学校へのススメ
図書館
from 写真サーバ現像室 for P..
図書館の運営、管理
from 一語で検索
フォロー中のブログ
「真夜中の図書館」
【オススメ】
「としょかん発見塾」図書館について楽しく学習する市民グループ。
「ぶっくくらぶ」糸島の図書館作りを応援する会
「新現役の会」
団塊世代を考える!
「いとぐら」いとしま地域のポータルサイト

= = [お知らせ] = =
キャンドルナイトinいとしま(6/15)のリポートはこちらから⇒≫クリック≪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧