図書館マーケティング 18  特別企画展             
図書館マーケティング18                  
参考資料 日経新聞 2007・1・21 「異常気象世界で脅威」

「特別企画展」
 世界各地で異常気象が起きている。日本は暖冬となり、欧米は異常な高温を記録し、オーストラリアでは旱魃が続き、ブラジルでは洪水が起こっている。気象庁が世界気象機関のデータを解析したところ、世界の平均気温はこれまで100年間の間に0.67度上がったという。異常気象は最近の地球温暖化が遠因とする研究者は多い。このままだと2040年には北極の氷がほぼ消滅するという予測だ。
 恐ろしいことが起こりそうだ、起こっている、大変だとはみんな思っている。でも、誰も動かない。2012年までを想定した京都議定書もポスト議定書として作り直さなければならないとされている。危機はもうそこまで来ているのに、私たちの感覚は地球の危機に麻痺してしまったように、恐れを感じられない。映画も本もテレビも情報を発信しているが、情報過多な世の中では本の一頁、ニュースの一コマでしかない。目立たないのかなぁ??こんな重大なことが。
 図書館もそうだ。どんな情報も中立に扱い平均化してしまう。でも、これは人類の危機なのだ。もう少し別格に扱ってもいいんじゃないかと思う。図書館だけじゃない、テレビも日に何回かこの問題に取り組み、あらゆる形でアピールする。政府も新聞も雑誌も学校も企業も全世界で特別なキャンペーンを起こすほどのことではないかと思う。日本の図書館全体でまずできること、自分たちに出来ることを考えられないだろうか・・
 図書館に特別企画展として環境コーナーを作り、資料の展示だけでなく、まちの異常気象による異変や経済への影響、海の水位や雨量などの定点観測、世界中の環境データの変化を分かりやすく解説する手作り資料、TVの環境番組の放映や講演会の開催など関心を高めるための工夫ができるのではないだろうか。これを全国レベルで行えば、他機関や政府との連携も取りやすいし、アピール度も上がる。図書館の停滞の原因は世の中への大きな貢献度が少ない、目立たないということも一因ではないだろうか。図書館が人のため、世のために貢献する実績を作り、イメージアップを図る戦略が必要な時代である。
   
[PR]
by tsuji_bunbun | 2007-03-19 00:00 | mayoto study
<< 図書館マーケティング19  文... 図書館マーケティング17  団... >>



Mayoto Staudy の時間です。見学や研究でマヨトを具体的に考えていきましょう!
by tsuji_bunbun
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
【Read me first】
【目次】
【本文】
【welovetheとしょかん】
   └--<INDEX>
【コメントはこちらから】
「真夜中の図書館」メイキング
mayoto study
以前の記事
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
メール一斉送信CGI @..
from 情報販売のインフォカート・・..
公立 学校の最新情報
from 学校へのススメ
図書館
from 写真サーバ現像室 for P..
図書館の運営、管理
from 一語で検索
フォロー中のブログ
「真夜中の図書館」
【オススメ】
「としょかん発見塾」図書館について楽しく学習する市民グループ。
「ぶっくくらぶ」糸島の図書館作りを応援する会
「新現役の会」
団塊世代を考える!
「いとぐら」いとしま地域のポータルサイト

= = [お知らせ] = =
キャンドルナイトinいとしま(6/15)のリポートはこちらから⇒≫クリック≪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧