図書館マーケティング17  団塊王国               

参考資料 日経新聞 2007・1・27 「米国の市民テレビ」

「団塊王国」
スタッフは平均72歳。そんな高齢者が運営する放送局がアメリカにある。1983年に結成されたボランティア映像集団クパティ-ノ・シニア・プロダクションだ。クパティーノ市を拠点に、高齢者のための番組を近隣のケーブルテレビに提供している。アメリカのケーブルテレビには市民参加が義務付けられており、ケーブルテレビ会社が安価な受講料で撮影や編集などの講座を受講した市民が始めたのだそうだ。テレビ局の採算ベースには合わないが、自分達が必要とする情報やメッセージ性の高い番組を放映できるのは、ボランティアでやっているからこそで、視聴率も高いという。自分の作品が地域を動かす力になればと言う思いで作るのだというから、その訴求力は強い。
 私は今『新現役の会』という団塊世代を中心にした社会貢献グループに参加している。言っておくが私は団塊世代ではなく、子育て卒業世代として新しい世界にチャレンジするために参加している、念のため。そこでは、かなり元気な元現役の方々が、力を持て余して、なにかできること、やることはないだろうかと言う思いで集まっている。だからと言って、何でもやるというわけではなく、自分のやりたい事をみつけてみたいという思いのようだ。いろいろ話を聞いていると、新しいビジネスモデルやボランティアを創造することは苦手だが、気に入るボランティアや軽い仕事があれば参加したいということのようだ。
 ということは、アメリカのように団塊世代が参加できる組織や設備、環境を整えた幅広いコンテンツがあれば楽しみながら地域のために働いてくれるのではないだろうかと思う。やりがいがあって、地域交流にも役立つ市民チャンネルは、団塊世代に限らず、若者や主婦も巻き込んで拡大していく可能性がある。そんな放送局を図書館に併設し、アーカイブの作成を手伝ってもらえればいいのにと思う。とても素敵な番組が出来るのではないだろうか?古き良き時代の再現や記録、これから生きる世代への提言を伝えるのに最適なメディアだと思う。
ケーブルテレビがなくても、もうすぐデジタルラジオで簡単に動画放映ができるようになりそうですよ。
 
  
[PR]
by tsuji_bunbun | 2007-03-15 00:00 | mayoto study
<< 図書館マーケティング 18  ... 図書館マーケティング  15 ... >>



Mayoto Staudy の時間です。見学や研究でマヨトを具体的に考えていきましょう!
by tsuji_bunbun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
【Read me first】
【目次】
【本文】
【welovetheとしょかん】
   └--<INDEX>
【コメントはこちらから】
「真夜中の図書館」メイキング
mayoto study
以前の記事
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
メール一斉送信CGI @..
from 情報販売のインフォカート・・..
公立 学校の最新情報
from 学校へのススメ
図書館
from 写真サーバ現像室 for P..
図書館の運営、管理
from 一語で検索
フォロー中のブログ
「真夜中の図書館」
【オススメ】
「としょかん発見塾」図書館について楽しく学習する市民グループ。
「ぶっくくらぶ」糸島の図書館作りを応援する会
「新現役の会」
団塊世代を考える!
「いとぐら」いとしま地域のポータルサイト

= = [お知らせ] = =
キャンドルナイトinいとしま(6/15)のリポートはこちらから⇒≫クリック≪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧