図書館マーケティング 9 「トレンディな図書館」  
参考資料 「電通流トレンドの読み方」日経新聞1月12日 

「トレンディな図書館」
 図書館にトレンドは関係ないと思いますか?私は関係あると思うけど・・・。「電通流トレンドの読み方」は電通のシンクタンク機能を担う消費者流通センターのスーパーバイザー野村尚矢さんの流行の読み方指南の記事です。ちなみにスーパーバイザーとは消費者の需要・好みなどを的確に把握し、仕入れ商品の選択を判断する人のこと。
 野村さんによるとトレンドを読むには①長期的に社会全体の流れを読む②消費者の志向の変化を知る③商品やサービスの売れ筋の傾向を読むと言う3つの方法があるという。それらを日々の情報からキャッチして、その関連性を読み解くのだそうです。これをもう少し簡単に言えば、①長期的に社会全体の流れを読むためには人口動態や経済動向、社会生活について、意識的に記事を集めたり、統計データを分析したりする必要があるということ。たとえばコミュニティに住んでいる人たちの少子高齢化の進み方、格差社会による所得への影響、学校のいじめ問題など社会生活の問題点を、広報や新聞記事から洗い出し、国や自治体のデータをみて分析し、コミュニティの人たちの変化を予測することだ。自分達のコミュティの問題をリアルに突き止めるってコトです。②消費者の志向の変化を知るためには、自分自身も一人の消費者として感覚を研ぎ澄ましてみること、友人、知人など幅広い年齢層の人たちと積極的にコミュニケーションをとって、生活や考え方などを知ることだ。そういう生情報とデータを見比べて、変化を探し出すことだ。どんな人たちが何を考えているのかを知って本や情報を提供すれば喜ばれるのではないだろうか。親の心子しらずではないが、人の気持ちは聞いてみないと分からないものだし、聞いてみてもなお分からないものだ。調査だけでなく、察する気持ちが大切かも③商品やサービスの売れ筋の傾向を読むことは直接図書館には関係ないようだが、どうしてこの商品が売れるのか、なぜこんなことが流行っているのかと言う問題意識を持って生活することで社会を感じる感度が高くなるし、ビジネス支援の情報源にもなると思う。
 求められた資料や情報を提供するだけでなく、求められているであろう資料や情報を提供するときっと利用者に喜んでもらえる。図書館司書のマーケティングはカウンターでもフロアでも社会生活でもプライベートでも、いつでもどこでもどんなことでも。
[PR]
by tsuji_bunbun | 2007-02-11 00:00 | mayoto study
<< 図書館マーケティング 10  ... 図書館マーケティング 8 [天の水」 >>



Mayoto Staudy の時間です。見学や研究でマヨトを具体的に考えていきましょう!
by tsuji_bunbun
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
【Read me first】
【目次】
【本文】
【welovetheとしょかん】
   └--<INDEX>
【コメントはこちらから】
「真夜中の図書館」メイキング
mayoto study
以前の記事
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
メール一斉送信CGI @..
from 情報販売のインフォカート・・..
公立 学校の最新情報
from 学校へのススメ
図書館
from 写真サーバ現像室 for P..
図書館の運営、管理
from 一語で検索
フォロー中のブログ
「真夜中の図書館」
【オススメ】
「としょかん発見塾」図書館について楽しく学習する市民グループ。
「ぶっくくらぶ」糸島の図書館作りを応援する会
「新現役の会」
団塊世代を考える!
「いとぐら」いとしま地域のポータルサイト

= = [お知らせ] = =
キャンドルナイトinいとしま(6/15)のリポートはこちらから⇒≫クリック≪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧